ロゴ

目立たない矯正方法を選んだ理由とは【口コミをチェック】

歯科矯正

歯並びの治療法にはいくつかあり、治療中でも目立たないものもあります。ですから、その方法が気になっているなら調べておきましょう。目立たない治療を進める上で感じたことを治療者の声を聞けば、どんなものかある程度把握することができます。

みんなの声

接客業なのでマウスピース矯正にしました(20代/男性)

中学生のときに矯正をして歯並びをきれいにしたのですが、後戻りのせいか、また少し歯並びがずれてきました。あのときのつらさや大変さは今もまだ覚えていて、また同じようにワイヤーをつけて痛い思いをするのは二度としたくなかったです。それに、器具が目立って「いかにも矯正しています」と周りに知られるのも避けたかったので、今回はマウスピース矯正にしてみました。取り外し可能な透明のマウスピースを装着するだけでよく、痛みやきゅうくつな感じは若干ありますが、昔に経験した矯正と比べるとはるかに快適で驚きました。また、食事や歯磨のときは一時的に外すことができるので、食べ物が器具にはさまって苦労することも、磨き残しで虫歯になることもないです。接客業で人に接する機会が多いのですが、目立たないマウスピースのおかげで、今のところは不自由なくこれまで通りに仕事も続けています。

会話のときに気になるので目立たないものを選択したんです(30代/女性)

歯並びをきれいにしたくて歯列矯正にはずっと興味があったのですが、目立って周囲の人にわかるのが一番心配だったんです。実際にやっている知人がいて、本人は気にしていないようですが話しをする度に装置が見えて、自分が同じ状態になるのはなんだか恥ずかしいなと。それで目立たない矯正をいろいろと調べてみたら、マウスピースをつける方法と、裏側に装置をつける方法が見つかりました。先生に相談したところ、普通の矯正装置と同じような結果が見込めるというので、裏側矯正をすることにしました。装置をつけてすぐの頃は、舌があたったりして違和感を覚えることもありましたが、慣れたら気にならなくなりました。なにより表側からは見えないので、誰にも気づかれる心配がなく、友人たちとお茶するときも楽しく会話できるのでよかったです。