ロゴ

痛くなってからでは遅い!予防歯科のある歯医者へ通おう

診察室

歯に痛みが起こっているときの歯の状況

これまで何事もなかった歯が突然痛みだしたときは、何らかのトラブルが起こり始めていると考えられます。そのままにしておいても痛みが収まることはありますが、原因によってはさらにひどくなる恐れもあるので、早めに名古屋の歯医者を訪れましょう。冷たいものを飲んだときなどに痛むのであれば、知覚過敏という症状が起きている可能性があります。知覚過敏は歯の内側に存在する神経が刺激されて起こる症状のことで、特に冷たいものに対して激しい痛みを伴います。この場合、歯の表面を覆うエナメル質が削れて、内側の象牙質が露出していると考えられます。何もしなくても歯が痛むのは、虫歯になっている場合がほとんどです。虫歯菌によって歯の表面が削られている状態なので、取り除いた上で詰め物をするという処置が必要になります。

受付する女性

予防歯科で行われていることとは

歯が痛みだしたときは、すでに歯の一部分が欠損し始めている状況です。もちろん治療によって治すことはできますが、できることなら健康な状態の歯を守りたいのではないでしょうか。そうした目的で利用されるのが、名古屋の歯医者が提供している予防歯科というものです。予防歯科で行うことは、健康な歯へのメンテナンスです。虫歯で歯が傷んでから訪れるのではなく、健康な状態を維持するために定期的にケアしましょうという考えに基づいています。予防歯科では普段のデンタルケアが正しく行われているか確認し、改善すべき点があれば指導を受けることができます。歯を一本ずつ精査し、現在の状態を確認した上で、今後予想されるリスクがないかもチェックします。さらに歯垢の除去やフッ素の塗布などで、健康な歯を守る処置が行われます。